受け口・反対咬合矯正治療は神戸市の神戸六甲矯正テクニカルセンターへ/受け口・反対咬合矯正治療対応の神戸市の矯正歯科 神戸六甲矯正テクニカルセンター

矯正無料カウンセリング予約
無料矯正カウンセリング予約
反対咬合(受け口)矯正
トップページ > 子供の矯正治療・小児矯正歯科 > 反対咬合(受け口)矯正
反対咬合(受け口)矯正
反対咬合=受け口の治療について
毎日新聞に掲載された「受け口の治し方」下の歯が上の歯より前に出ている受け口(反対咬合)。
3歳児検診で4~5%の割合で見つかりますが
「しばらく様子を見ましょう」
と言われ、放置するケースが多いです。
しかし、自然に治る率は低く、治療が必要です。いつ、どう治療すればよいのか。子どもと大人に分けて治療法を紹介いたします。

受け口・反対咬合矯正治療は神戸市の神戸六甲矯正テクニカルセンターへ。受け口・反対咬合矯正治療対応 神戸 矯正歯科

幼児編

1年以内に効果、9割改善

3歳児検診で4~5%該当
下の歯が前に出ていると、かみ合わせが悪いため食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、下の歯が長持ちしにくい場合もあります。息がもれるため、発音がうまくできなかったりもします。
厚生労働省によると3歳児検診で年間約4万~5万人(4~5%)が該当するといわれています。
大抵は「永久歯が生えるまで様子を見ましょう」といわれますが、自然治癒する割合は1割に達しません。
小学生上級生以降になって、頭にベルトを巻き下あごを押さえつける「チンキャップ治療」などが試みられますが、子どもへの負担が大きいです。
そこで最近注目されているのが、幼児のうちに改善させる「ムーシールド」による治療法です。
寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着する方法です。
受け口は舌の位置が低く、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働きます。
マウスピースの装着で舌の位置を上げ、口の周りの筋肉を正常化することで、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑えます。
日本大学歯学部講師で「調布矯正歯科クリニック」院長、柳澤宗光さんが約20年前に考案しました。
対象年齢は3~6歳。装着は寝ている間だけで済みます。柳澤さんは毎年20~30人の子どもを治療してきましたが、6ヶ月~1年で効果が表れ、約9割で改善が見られま。3年前に米国で注目されたことから国内でも見直されました。

痛みなく嫌がらず
東京都武蔵野市の会社員の長女(7)は3歳児検診で受け口と診断されたが、「様子を見ましょう」と言われ、放置してきました。たまたま柳澤さんに診てもらって治療法を知り、5歳から治療を始め、1年後には改善したそうです。母親は「寝ている間、口に装着するだけなので楽だ。痛みもなく、子どももいやがることもなかった」と話されました。

実施施設少なく
ただ、ムーシールド治療を行っているには現在、全国約100施設で、日本歯科医師会は治療法を紹介したビデオCDを作り、普及に力を入れています。柳澤さんは「難しい症例もあるので、どの治療法を選ぶかは専門医とよく相談してほしい」とした上で「大人になってからより、幼児のうちに治療した方が楽です」と早めの治療を勧めています。
受け口を治す子ども用の 治療前の受け口 マウスピースで改善された
受け口を治す子ども用の
マウスピース
治療前の受け口
マウスピースで改善された
正常な歯並び

受け口・反対咬合矯正治療は神戸市の神戸六甲矯正テクニカルセンターへ。受け口・反対咬合矯正治療対応 神戸 矯正歯科

成人編

矯正→手術→矯正:3年半

顎形成 固定不要の手術も
受け口は子どものうちに矯正具を付けても治らなかったり、成長期に悪化したりするケースも見られます。
成人の受け口の治療にはどんな方法があるのでしょうか。
かみ合わせに悩む都内の30代女性会社員は、大学病院の矯正歯科医を訪ねました。
X線撮影などの結果を基に主治医から受けた説明はこうでした。
「骨格の異常なので手術が必要。歯列矯正で見た目のません。」
会社員は「歯もかみ合わせも長持ちさせたい」と手術を選び「矯正→手術→矯正」の計画に従い、約3年半の治療を受けました。
受け口は「顎顔面変形症」という病気で、かみにくいし発音しにくいといった機能的問題があった会社員の場合、一連の治療はいずれも健康保険が適用されました。上下両あご手術を含む自己負担は計約100万円。「改善後はしゃべりやすくなった」と話されています。

原因は2種類
受け口の原因は大別して2種類あります。一つは歯のかみ合わせだけが逆の場合で、歯列矯正だけで治ります。もう一つが骨格異常で顎形成手術と手術前後の歯列矯正が必要です。
手術は、歯列矯正医が紹介する大学病院などの口腔外科で受けるケースが多く年々増えています。

全身麻酔で口の中からメスを入れ、下あごの左右両側の根元の部分を一度切り離して後退させ、金属製の板やねじで固定します。上あごの後退が伴う場合には、上あごを前に引き出す手術も同時に行します。
板やねじは4ヵ月後~1年後、あらためて手術ではずします。

歯列矯正は学齢期に施術を受ける患者が多いですが、この手術は成長が止まってから受けます。
成長期には下あごなど「長管骨」とよばれる骨の両側の細胞が増殖し、成長に伴う変化が大きいからで、成長期に受け口が悪化するのもこのためです。

一般的には術後、骨折状態にあるあごを固定するため、上下の歯をワイヤーでしばる「顎間固定」をします。
口から食事が取れず会話も不自由で、入院期間は数週間に及ぶこともあります。
一方、鶴木院長は、チタン製のプレートやネジで骨を強力に接合する新たな手法を開発しました。
顎間固定は不要で、入院期間はわずか5日間です。
ただ、手術前の矯正で歯の傾斜を正しく整えると一時的に受け口が強まることがあります。
手術で解消されますが、治療を中断しようとする患者や家族もあり、「正しい治療の経過であることを理解してほしい」と言います。

正しいかみ合わせは、顔の審美的な効果だけでなく、健康上も欠かせません。
鶴木院長は、手術が必要なのに、10年以上近くの歯科医による歯列矯正が続けられ、思い余って転院してきた患者の例を挙げ「自分はどういう治療を受けるべきなのか、治療方法や時期については顎顔面矯正外科の専門医に相談してほしい」と話しています。
受け口の治療の経過 
受け口の治療の経過 

受け口・反対咬合矯正治療は神戸市の神戸六甲矯正テクニカルセンターへ。受け口・反対咬合矯正治療対応 神戸 矯正歯科

反対咬合(受け口)矯正Q&A
Q 反対咬合って、自然に治るでしょう?
A 永久歯が生える時、自然に治ることがあります。ただし、かなり少数例です。
反対になっている下の前歯が、5~6本。逆の噛み合わせが深い。近親に反対咬合の人がいる。
これらの場合、自然に治る可能性は、極めて少ないと考えて良いでしょう。
Q 永久歯が生えるまで、様子見を勧められましたけど?
A 「・・・大丈夫ですか?」というご質問を、よく戴きます。
自然に治る場合もあります。しかし、それはかなり少数です。
ご相談できる歯医者に診て貰い、セカンドオピニオン(意見)を求めることをお勧めします。
私たちは、大半の方に、早期初期治療が必要と考えています。
Q 反対咬合、治した方が良いの?
A 不正咬合であるから、成長発育が遅れるという事は基本的にありません。
しかし、サ行、タ行の発音に、特徴的な舌足らずのしゃべり方になる。食べ方が、ワニの様だ。
という様な特徴が現れることがあります。しゃべり方にも、食べ方にも問題が現れます。
しかし、私たちが治療を勧める第一の理由は、審美的な理由です。
反対咬合の願貌に劣等感を感じることがあります。心の負担を軽くし、生活の向上が目的です。
Q 早く治した方が良いの?
A 噛み合わせを逆のままにしておくと、下顎骨が過成長し易い状態が続きます。
下顎骨が取り返しの付かない程、大きくなってしまう前に逆の噛み合わせは治しておくべきです。
早ければ早い程、ご本人の負担は軽くて済むと思います。年齢が高くなると、治療法の選択肢が狭くなります。
過成長し、大きくなってしまったら「下顎骨を切断して縮める」という手術法も、選択肢に上がってきます。
Q どうして反対咬合になるの?
A 口には、多くの筋肉が整然と並び、機能しています。舌は代表的な筋肉の固まりです。
きれいな歯並びの人の舌は、嚥下(のみ込む)する時、上顎を押さえつける様にぴったりと収まります。
しかし、反対咬合の人は上顎には着きません。嚥下の都度、舌は下顎を前方に押します。
従って、上顎は小さく、下顎は大きくなってしまうと考えられています。
すなわち、口腔周囲の筋肉が正しく機能しないと、不正咬合になるという事です。
Q どうやって治すの?
A 機能のアンバランスが不正咬合を造ります。バランスを整え、調和を取り戻せば、不正咬合は回復します。
反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。
ですから、治療方法は、まず舌を挙上して上げることです。その様にバランスを取り戻す器具が、機能的顎矯正装置、ムーシールドです。就寝中使用します。取り外し出来る装置ですから、上手く使えなかったり、諸条件によっては、期待する効果を得られないこともあります。
主治医に十分相談の上、ムーシールドを使うことをお勧めします。
Q 一度治したら、もう大丈夫?
A ムーシール治療法は、大抵の場合、およそ1年間を目標に治療します。
一度治したら「もう大丈夫」という人が大半です。
しかし、成長がスパートする頃、再治療を必要とする場合があります。
定期健診は重要です。女子は15~16歳、男子は17~18歳まで成長します。
その頃まで定期健診を続けることが理想です。
Q 反対咬合は遺伝する?
A 反対咬合は遺伝します。顔形はご両親に似ます。残念ながら反対咬合の家系があります。
しかし、早めに対処することで、かなり改善できると考えています。
いずれにせよ、遺伝の有る無しに関わらず、早めに受診することをお勧めします。
神戸六甲矯正テクニカルセンターは、最新の矯正装置と治療テクニックを用いて、患者さんとともに美しい笑顔を創造できることを誇りにして治療にあたっています。矯正治療は、是非神戸六甲矯正テクニカルセンターにお越し下さい。

受け口・反対咬合矯正治療は神戸市の神戸六甲矯正テクニカルセンターへ。受け口・反対咬合矯正治療対応 神戸 矯正歯科

反対咬合(受け口)症例
反対咬合(受け口)矯正症例:1
反対咬合(受け口)矯正症例:1
ムーシールド症例:1
ムーシールド症例:1
ムーシールド症例:2
ムーシールド症例:2
ムーシールド症例:3
ムーシールド症例:2

神戸市 矯正歯科 神戸六甲矯正テクニカルセンター/マウスピース矯正、インビザライン、見えない矯正、プチ矯正など対応の歯科医院

  • 診療時間
  • 矯正無料カウンセリング
  • マウスピース矯正インビザライン
  • 舌側矯正・裏側矯正
  • 低コストの矯正・プチ矯正
  • 子供の矯正・小児矯正歯科
  • 大人の矯正・成人矯正
  • 神戸市 歯科
  • 神戸 インプラント
  • 神戸 ホワイトニング
  • 灘ステーション歯科・矯正歯科

神戸 矯正歯科 
神戸六甲矯正テクニカルセンター